09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

絵本

2012.01.21 (Sat)

息子くんが生まれてから我が家にも絵本が増えてきました~

今日はちょっと我が家にある絵本について書きます。

今の息子くんがどんな絵本を見ているか備忘録的な感覚で書き留めておこうと思います。

まずは私や夫の母が息子くんのために購入したもの。

20120121絵本1

『しろくまちゃんのほっとけーき』
これは夫の母からいただいたもの。
最近になってようやく興味がわいてきたようでよく「よんで~」と(たぶん言っている)持ってきます。
個人的にはちょっとこぐまちゃんって目が怖いですが・・・
子どもには関係ないようです。
初版は1972年。

『だるまさんが』
これは生後6か月くらいからかなり食いつきの良かった絵本。
読むと笑いながら見てくれます。

『くっついた』
生後3か月くらいの時に『だるまさんが』と一緒に購入したのですが
こちらは今でもまだあんまり興味ないみたいです。
でも甥っ子君が1才くらいの時に見せたら、甥っ子君はとっても気に入ってくれてました。
やっぱり好みがあるのかな!?

20120121絵本2

『たまごのあかちゃん』
これは住んでいる自治体からブックスタート事業として3か月健診の時にいただきました。
もうこれはめちゃくちゃお気に入りです!
いろんなたまごからあかちゃんが出てくる繰り返しですがこの繰り返しが大好きみたいです。
初版は1987年。
やっぱりロングセラーってすごい!

ここから下は0才の時から始めたブッククラブで届いた本です。
子どもができる前から、いつか母になったらブッククラブで絵本いっぱいの子育てを憧れてました!
そこで静岡県にある百町森さんのブッククラブを申し込みました~
まずブッククラブって?という方がいるかもしれないので説明すると・・・
毎月1~2冊の絵本が届くシステムです。
実施している本屋さんまたは出版社が厳選した年齢にあったおすすめ絵本が届きます。
自分で毎月1冊とか決めて購入していってもいいかもしれないですが
やっぱり自分の好みに偏ってしまいそうだし、長年の経験のある専門店のチョイスに任せてみることにしました。
しかもこの百町森さんはおもちゃの販売もしていてブッククラブ会員も会員割引で購入できます。
おもちゃも割引があるのはざっと調べたところ百町森さんだけでした。
こちらで誕生日のネフ社のリグノやベック社の玉の塔も割引使って購入しました♪

そんな経緯で届いたブッククラブの絵本はこちら↓

20120121絵本3

『ブルーナの0歳からの本』第2集・第3集
届いたばかりの頃はただカバーや本をなめたりかじったりするだけでしたが
最近ようやくそれぞれの絵をじっと見てくれるようになりました。
厚みがあって乱暴に扱われてもやぶれる心配がないので安心して渡せます。
この蛇腹になっている作りも両面に絵があるので楽しいみたいです。

20120121絵本4

『がたんごとんがたんごとん』
列車が次々に待っているお客さんを乗せていく繰り返しの絵本です。
届いてすぐは『たまごのあかちゃん』に負けていましたが、
一度ゆっくり読み聞かせてあげたら大好きになったようで
よく本棚から持ってきて読むようせがまれます。
これは初版が1987年!
やっぱりロングセラーです。

『いないいないばあ』
同じ題名の絵本はたくさんありますが、この絵本より前に同じ題名の絵本って!?
と思うくらい『いないいないばあ』を代表する絵本ですよね~
これは届いてすぐは全く興味を示さず・・・
もっと色が鮮やかじゃないと興味ないのかなぁ~なんて思っていたのですが
しばらく前から急にお気に入りになったようです。
初版は1967年!
やっぱりロングセラーはずれなしです!

20120121絵本5

『ねこがいっぱい』『いぬがいっぱい』
これはアメリカの作家グレース・スカールさんの2冊。
ねこの絵もいぬの絵もどちらもとっても表情があってかわいらしい絵本です。
息子くんはまだ「にゃお」も「わんわん」も言えないけど
この2冊もよく持ってきて読むようにせがまれます。
これも1986年初版。

20120121絵本6

『おはよう』『おやすみ』
この2冊はきっと私ならはっきりしたイラストを好むので選ばなかったかも・・・
やさしい色使いのおひさまやいぬが出てきます。
『おやすみ』は先日読んであげたら気に入ったようです。
寝る前にベッドの中で絵本の文だけを繰り返し読んであげていたら
子守唄代わりになったようですやすや眠ってくれました♪
『おはよう』はどうやらまだ面白さに目覚めていないようです。
でもきっと落ち着いているときに読んであげたら聞いてくれるかな~
初版は1986年。


とこんな感じで最近は絵本を読んであげる時間も少しずつ増えてきました!

どんな反応かな~と思いながら読むのも楽しいですね。

そして時間とともに反応も変わってくるので一度読んで興味を示さなくても
また違う時に読んであげるととっても興味を示してくれたりするので
一度の反応で判断しちゃいけないんだな~ということがわかってきました。

またお気に入り絵本増えたら日記にしてみたいと思います♪


More・・・

こうして絵本を見ていたらロングセラー絵本の初版の年が1986年と1987年に多いことがわかりました。
その理由がなんでだろうと思って今日会っていた友人に話したところ、
「ちょうどバブルで景気が良かったから絵本の出版も多かったのでは」
ということを話してくれました~
なるほどです!
確かにそれなら納得!
出版業界って景気の影響受けやすそうですもんね~
絵本からも過去の景気などわかるとは!
何事も疑問に思ったらよく理由を考えるとちょっと勉強になりますね!
スポンサーサイト
21:34  |  絵本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konetaro.blog114.fc2.com/tb.php/432-f087bb25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。