07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

おやまのこぐま

2012.02.05 (Sun)

今年のおせち料理を作っているときに夫と栗きんとんの話になりました。

夫は幼いころにこぐまが大好きな栗きんとんを探してお出かけする絵本が自宅にあったそうです。

その絵本が大好きだった夫は栗きんとんが大好きになり、毎年実家では年末に栗きんとん作りを手伝っていたそうです。

そこでネットで調べたところ絵本のタイトルは『おやまのこぐま』浜田廣介著 小学館
ということがわかりました。

古本でないかな~とAmazonで検索するとありました!

でもなんと金額は・・・9800円!!!

なにか価値がある本なのでしょうか!?

これではちょっと高いなぁ~ということで図書館に詳しいママ友さんに話したところ、
「都内の別の図書館で所蔵していれば取り寄せて借りることができるよ~」
と教えてもらって1月の中旬に最寄りの図書館でリクエストして取り寄せてもらってみました♪

そして待つこと数週間、昨日ようやく借りることができました!

はるばる清瀬市の図書館からです。

20120205おやまのこぐま

夫に早速見せたところとっても懐かしがって「そうそうこれこれ~」と喜んでいました♪

内容としては夫の言うとおり栗きんとんをこぐまが求めてちょっと冒険をするかわいらしいお話でした。

初版は昭和49年で、作者の浜田廣介さんは現在上映中の映画『もののけ島のナキ』の原作『泣いた赤鬼』も書かれた童話作家さんで『おやまのこぐま』が遺作となったそうです。

だからきっと中古でも9800円もするのでしょうね。

大人になっても覚えている絵本があるのっていいですね~

夫の話を聞いて、私も息子くんに大人になっても忘れない大好きな絵本を残してあげられるような子育てをしたいなと思いました(*^_^*)
スポンサーサイト
19:42  |  絵本  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

え~、絵本に栗きんとんがですか!それはちょっとおもしろい!!
でも私も食べ物の絵本はものすごく覚えていますね。
1番はちびくろさんぼ、ぐりとぐら、おむすびころりん、おだんごぱんなどなど。
子どもたちはしろくまちゃんのほっとけーきやはらぺこあおむしなんていうのも好きだったなぁ。
やっぱりくいしんぼうだな(爆)
kaede |  2012.02.05(日) 22:18 | URL |  【編集】

ようやく手元にとどきましたね。♪~
表紙を見て思い出しました、確か家にありました。何処に行っちゃたのでしょうね?
家にあった子供向け本は、横浜に殆んど回したので、その後飯田橋にいったかどうだか?また探してみますね(@_@)。おちびさんが気にいると良いのですが、少~し早いかな?
mikko-san |  2012.02.05(日) 23:43 | URL |  【編集】

☆kaedeさん☆

そうなんですよ~
こぐまなのに栗きんとんなところが面白いですよね!
物語の中では栗きんとんはキツネが市場で買ってきたようなので
きっとキツネは人間に化けて買ってきたということなんじゃないでしょうか。
やっぱり子どもは食べ物が出てくる絵本が好きなんですね!
今度絵本を選ぶときには何か食べ物が出てくるものを選んでみようと思います♪
こね太郎 |  2012.02.07(火) 13:19 | URL |  【編集】

☆mikko-sanさん☆

せっかくのお宝絵本どこかで見つかるといいですよね~
絵本は息子くんにはまだちょっと早そうなので、
またもう少し大きくなったら見せてあげたいと思います♪
こね太郎 |  2012.02.07(火) 13:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konetaro.blog114.fc2.com/tb.php/439-c7301dd1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。