07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Table photo 講習会

2009.07.03 (Fri)

先週日曜日はいつものパン教室で
先生のお友達のtakako先生とご主人が講師となってくださって
写真講習会が開催されたので参加してきました。

こね太郎が使っているデジカメは
新婚旅行先のイタリアでオリンパスのμを壊してしまい
片言の英語で必死になって現地調達したNikonのCOOLPIX5200です。
今回の写真講習会で通用するのか不安だったけど
意外にも1つ前のモデルだそうで
思っていたよりも古い機種ではなかったようです。

なんていうエピソードを披露しつつ写真教室スタート!

今回は風景ではなく、Table photoというテーブルの上に置いた物を撮ることがメインです。

まずは☆STEP1☆
いろいろなアングルで好きなものを撮ってみます。
アングル1   アングル2

アングル3   アングル4

上から、横から、近づいたり、離れたり、
それだけでもかなり写真の印象は変わるんですね~

☆STEP2☆
光のアレンジです。
レフ板を使って光をうまくコントロールすると
またまた違った写真が撮れます。

レフ板なし   レフ板あり

あんまりはっきりと違いが出ませんでしたが
レフ板ありの写真のほうが影が薄くなってます。

☆STEP3☆
露出の仕組みを知って写真をアレンジです。
露出を調整すると光の取り込み量が変化するので明るさが変わってきます。

露出+2
露出+1
露出+-0
露出-2

☆STEP4☆
ホワイトバランスを使って写真の色合いを変えてみます。
カメラにはそれぞれの状況ごとに白いものをより白く写すよう
カラーフィルターが内蔵されています。
それを利用するといろいろな色合いの写真が撮れます。

オート 晴天 電球 蛍光灯 雲天

最後に一眼レフでなくても
少しだけバックをぼかすことが出来るテクニックを教えてもらって撮影してみました。

くまさん

ちゃんと少しだけぼけてくれました。
このテクニックはぜひ活用したいです♪

時間は短かったですがカメラの仕組みを少し理解することが出来て
これからの写真撮影にもとっても役に立ちそうです。
写真上達のためにはたくさん撮ることが一番!
ということなのでこれからはもっとたくさん写真を撮っていこうと思います!

そして一通り講習内容が終了してから
パン教室の先生手作りのランチです♪

写真講習会ランチ

とってもとってもお得で楽しい講習会でした。
ちょっと一眼レフへの憧れも芽生えてしまいました。

今回の講習会の成果を生かすことが出来るよう
これからの写真撮影頑張りたいと思います!


スポンサーサイト
22:26  |  お教室  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

こね太郎ちゃん、上手!!
色々、わかりやすく撮れていて、とても勉強になるね~(^.^)
これからもいい写真を撮って、ブログに載せてください~
楽しみにしてます♪
miharu |  2009.07.04(土) 13:34 | URL |  【編集】

一眼ん?

自分が思った通りの写真が撮れると
写真も楽しくなりますよね
一眼レフ 私もずいぶん前から芽生えているのですが
踏ん切りがぁ…
ねぇ~
hayatedani |  2009.07.04(土) 20:31 | URL |  【編集】

→miharu先生
写真講習会本当に勉強になりました!
私の覚書を兼ねて出来るだけわかりやすく
載せてみました~

→hayatedaniさん
一眼レフちょっと憧れちゃいますよねv-343
講習会では定額給付金で一眼レフを
購入したという人がいましたよ。
踏ん切りつく日がお互い来ると良いですね~
こね太郎 |  2009.07.04(土) 21:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konetaro.blog114.fc2.com/tb.php/55-9394e050

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。