10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

10月といえば♪

2014.10.26 (Sun)

ハロウィンですね~

あんまり今まではご縁がなかったイベントですが、今年は子どもたちが英会話レッスンを受けているので、ちょっとイベントもあり、ハロウィンを意識してます。

そこで、去年も作ったかぼちゃプリンを今年も作りました~

というのも、友人から「なにかハロウィンに向けてかぼちゃを使ったお菓子を作りたいのだけど・・・」という話があって、今週一緒に作る予定なのです。

そのため、まずは試作~♪

レシピは以下のとおりです。(去年もブログにレシピ書いてますが、ちょっと分量など変更してます)

18cmの丸型1台分くらい(小さなココット皿8個分くらい)
・かぼちゃ(皮を除いて正味200g)
・牛乳200ml
・卵2個
・生クリーム200ml
・砂糖大さじ2(お好みで加減してください)
・カラメルソース

①カラメルソースを作り、型に入れる。

小鍋にグラニュー糖60gと水大さじ2を入れ、火にかけます。

カラメルソース

火加減は中火から強火、しばらくすると色が変わってきます。

カラメルソース

かなり茶色くなってきました。

カラメルソース

あめ色っぽくなったところで火を止めて、水大さじ1.5くらいを入れます。
かなり勢いよく音を出してはねるのでちょっと注意です。

カラメルソース

出来上がったカラメルソースを型に入れておきます。

②かぼちゃプリン液を作る。

かぼちゃを火が通りやすいように5mm厚さくらいにスライスして、耐熱容器に入れてラップして電子レンジで柔らかくなるまで加熱。(我が家はルクエに入れてレンジ600wで様子みながら4分くらい加熱です)

かぼちゃプリン液

かぼちゃの皮を取り除いて200gになるようにします。
かぼちゃと牛乳をミキサーに入れて攪拌する。
ボウルに卵と生クリームを入れて泡立て器でよく混ぜる。
そのボウルにミキサーの中身を入れて混ぜる。

③かぼちゃプリン液を型に入れ、蒸し焼きする。

かぼちゃプリン液

出来上がったかぼちゃプリン液をカラメルソースの入った型に入れ、天板に並べます。
なめらかにしたい場合には漉し器で漉してください。
(我が家はオーブン使用時間短縮のためココット皿使用です。)

かぼちゃプリン液

天板に熱湯を高さ1.5cmくらいまで入れ、180℃のオーブンで約20分湯煎焼きします。

かぼちゃプリン

生地に竹串をさしても何もついてこなければ焼き上がりです。
そのまま冷まして粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

かぼちゃプリン

プリン型を使えば、こんな風に型から外して盛り付けて食べられます。


なあんて、1回で試作できたように書いてますが・・・、1回目は大失敗でした(笑)。

かぼちゃプリン失敗

湯煎焼きの時、時間を30分にしてしまって、その間様子を確認もせずに他の家事をしていたら、こんな状態に・・・。

長すぎました・・・(^_^;)

かぼちゃプリン失敗

冷めたら、とりあえず沈んだものの、こんな状態に・・・。

夫には「クレーターどころかクレパスまでできてるじゃん(笑)」と言われる始末・・・。

食感はやっぱりパサついてましたし、カラメルソースもプリン部分にすっかり吸われてしまってました・・・。

なので焼成時間はあくまで目安なので、それぞれのオーブンの火力でも変わってくるのでくれぐれもご注意を!

ちょこちょこ様子を見てくださいね!

あとプリン液の砂糖の量はかなり甘さ控えめなので、お好みでもっと多くしてもいいと思います。

ではでは、もし、ミキサーで簡単に作るかぼちゃプリンレシピ、興味がありましたら作ってみてくださいヽ(´▽`)/

スポンサーサイト
20:57  |  お菓子作り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konetaro.blog114.fc2.com/tb.php/910-e39bd9ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。